未分類

【低糖質レシピ】ブロッコリーチキン

こんにちは、糖質オフ生活をしているまるちゃんです。
今日は私がよく作る「ブロッコリーチキン」を紹介します。
ブロッコリーは、糖質量が少ない野菜かつ野菜の王様と呼ばれるほど栄養価の高い野菜。
今回使うお肉は鶏胸肉。
鶏胸肉は、脂肪分が少なく、高タンパクで安い!
ブロッコリーとサラダチキンの組み合わせは、筋トレの方やダイエット中の方に親しまれています。
実際にUberEatsでも販売されています。


都内に住んでいる時、私もUberEatsで頼んだことがあり、ブロッコリーもサラダチキンも柔らかくて、感動しました。
しかし、今は田舎に住んでいて、頼めず…そこで今回は自分で作ってみました!!
食材のうまみを活かし、作ったおかげで、お肉は柔らかく、ブロッコリーはちょうど良い歯応えのあるおいしさを実現できました。
基本的に、ほったらかして作るレシピで簡単です。

【低糖質レシピ】ブロッコリーチキン

材料

鶏胸肉2枚(1枚約300g)
ブロッコリー1房
ブライン液(水:500ml・塩:大さじ1・砂糖:大さじ1)
ハーブソルト(1枚あたり小さじ1)
水100ml(ブロッコリー蒸し用)

ブライン液とは

魔法の調味液と呼ばれていて、このブライン液につけてから調理するとお肉がとても柔らかくなります。
鶏胸肉でしたらパサつき感がなくなり、食べやすくなります。
サラダチキンはもちろん、唐揚げなど、とにかくお肉を焼く前につけると、とてもおいしくなります。
お肉を柔らかくなる方法は他にもありますが…色々試してみましたが、ブライン液が一番柔らかくなりますよ!
材料もお水と、同量の塩、砂糖を用意して入れれば良いだけ!
本当におすすめです★

作り方

  1. 水、塩、砂糖をボウル等に入れて混ぜ、ブライン液を作る。
  2. 鶏胸肉にブライン液を浸透しやすくするため、切り込みを入れる。(フォークで穴を開ける等。私はズボラなので包丁で開けました。)
  3. 鶏胸肉をブライン液につけ、1晩冷蔵庫保管する。
  4. 鶏胸肉にスパイスをかける。表面を覆うように。小さじ1くらいが目安です。

  5. お湯を沸騰させ、沸騰したら、火を止める。(←重要)ジップロックに入れた鶏胸肉をお湯に30分つける。その後冷蔵庫へ保管。
  6. 小房に切ったブロッコリーをフライパンに水100cc、アルミホイルを引いた上に乗せて加熱する。
  7. 蓋を閉めて蒸し焼きにする。

  8. この方法で私はいつもブロッコリーに火を入れています。たくさんのお湯を用意する必要もない、茹でるよりも食感を残しやすく、栄養価も高くなるのでお勧めです。

  9. 冷ました鶏胸肉を適切な大きさに切ります。私は手でちぎりました。無事に火が通っています。
  10. ブロッコリーを盛り付けて完成

チキンはとても柔らかく、ブロッコリーは程よく歯ごたえ、甘さがあり満腹感のある1品になりました。
マヨネーズや、ポン酢など、後から足して、自分好みで味替えしながら食べると飽きずに食べられます。なので最初は薄味で食べ始めてみてください。

まとめ

今回は、まるちゃん特製のブロッコリーチキンを作ったレシピを紹介しました。
これ一品だけで、ボリュームがあり、安くできるのでたくさん作っています。
試してみていただけたら嬉しいです!

関連記事

  1. 【低糖質レシピ】手作りフランス風シチュー「ブランケット・ド・ヴォ…
  2. 【低糖質レシピ】生地なし野菜キッシュ
  3. 魚定期便「さかなのわ」
  4. 【皆さんと一緒に考えて!正しい食事診断を】
  5. 【からだシフト糖質コントロールシリーズ】のスープ3種を比較した感…
  6. 【低糖質レシピ】ナス、ズッキーニ、オクラの煮びたし
  7. ガストで糖質制限担々麺を食べる 【糖質制限が気になる方でもガストで「担々麺」が食べれる!?】
  8. 【低糖質レシピ】油揚げの春巻き

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

登録されている記事はございません。

PAGE TOP