オススメ商品

食べるをかえる「からだシフト」糖質コントロールシリーズのグリーンカレーをを食べてみた

「食べるをかえるからだシフト」糖質コントロールシリーズは、1食分の糖質量を20~40gに抑えることができます。一日あたり130g以内に抑えることを目標に商品開発されている食品です。イトーヨーカドーで販売されているのを発見しました。糖質コントロールシリーズのカレーは4種類ありました。比較してもグリーンカレーの糖質量はわずか2.8gで圧倒的に少ないです。

  • グリーンカレー 糖質2.8g
  • バターチキンカレー 糖質6.0g
  • ビーフカレー 糖質7.0g
  • ビーフハヤシ 糖質6.0g

「食べるをかえるからだシフト」糖質コントロールシリーズとは?

三菱食品㈱のプライベートブランドで、2017年9月に発売開始されました。2020年現在は、48種類もあります。どの食品も1食分だいたい20~40gに設定されています。食品によって、共同開発の食品会社のパートナーは違っていて、この牛丼は、三菱食品㈱とマルハニチロ㈱が共同開発したものです。ご飯の方は、サラヤ㈱との共同開発。ちなみに、糖質のほかに「タンパク質シリーズ」というのも展開していて、は1日60gを目標に開発されています。

ココナッツミルクと辛みがきいたグリーンカレーの原材料名・栄養成分表示

【原材料名】ココナッツミルク・鶏肉・ほうれん草ペースト・グリーンカレーペースト・たけのこ水煮・生クリーム・チキン調味パウダー・おろしにんにく加工品・増粘剤(加工でんぷん)・調味量(アミノ酸等)・着色料(カラメル)・甘味料(ステビア)・乳酸Ca・(一部にえび、小麦、乳成分、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン、魚醤(魚介類)を含む)
【栄養成分表示】1食150gあたり
エネルギー161kcal
たんぱく質8.4g
脂質12.6g
糖質2.8g
食物繊維1.8g
食塩相当量2.1g

実食レビュー


グリーンカレーのルーと一緒に低糖質ご飯で有名なマンナンご飯と一緒にいただきます。


私はアマゾン定期便でこのマンナンご飯を購入しています。
低糖質ご飯を作るのは正直面倒、頻繁には食べない、ダイエット中だけどお米が食べたい方にオススメです。
ストックしておけばすぐに食べれます。

お湯で温める場合は沸騰したお湯に5分間入れます。電子レンジの場合は袋のまま温めず別のお皿に移してから温めます。500wで約2分温めます。ブロッコリーとパプリカを彩りにのせてみました。

写真の様に具材が大きくて美味しかったです。鶏肉が大きくたけのこの水煮のシャキシャキ感もたまらなく美味しいです。

想像以上に本格的な味でした。低糖質な商品ですが物足りさを感じませんでした。
辛さは辛いです!!辛いものが大丈夫な人にはぴったりな辛さだと思います。
今回は糖質オフご飯と一緒に食べましたが今度はふすまパンなどで一緒に食べてみたいと思います。

まとめ

  • 低糖質とは思えない美味しさ。具も大きく、辛さがまた美味しい。
  • ダイエット中の方はルーと一緒に食べるご飯も糖質オフにすることをおすすめします。
  • 「食べるをかえるからだシフト」糖質コントロールシリーズは美味しく食べつつ糖質オフできる商品が多い。

関連記事

  1. 【低糖質レシピ】カルディオリジナル 低糖質生スパゲッティで「ナポ…
  2. 食物繊維が豊富な【胚芽押麦 はくばく】は糖質制限にぴったり!?
  3. 【ベジファス】の効果は?実際に注文して試してみた!
  4. 【糖質制限おせち料理 2020】売り切れ、締め切り間近!予約はお…
  5. ランチにオススメ&お酒のしめにも!どんぶり不要で水を入れてレンジ…
  6. 1週間で1kg痩せた私のゆる糖質オフ生活。やったこと5つ紹介する…
  7. 低糖質カレー 【100円均一ショップのCan★Do(キャンドゥ)で「低糖質カレ…
  8. 食べるをかえる「からだシフト」糖質コントロールシリーズの牛丼を食…

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP